Yak

🐢Works:2024
📐Size:F10:530×455mm
🪣Material: Acrylic on Wood canvas
🖌Technic : Semi 3D Yoshikazu artworks
🎨Artist:Yoshikazu KAJIKAWA
📽YouTube:https://www.youtube.com/channel/UCdd475-eq0njyWLYltL0uPw

牛は身近な動物でもあるが、街に住んでいるとなかなか生で見る機会がない。世界中のほとんどの人間は「牛」にお世話になっているはずだ。「牛乳」「牛肉」はもちろん、農耕や運搬など多岐にわたる。同時に、牛は世界中にたくさんの品種が存在する。調べれば調べるほど興味深く、そして愛らしい目(まなこ)に見入ってしまう。そして、品種ごとに変わる「角」や「毛並み」「模様」が面白い。
昨年、北海道にて牛の取材をしてきたが、もっと世界中のお洒落な牛の実物が見たくなるほどだ。

2023年から始めた新作の「うし🐄」シリーズを是非ご覧ください。作画の技法の特製長、正面の顔を制作するのは大変難しい技術でした。自身のオリジナル技法のため、手本になる作品が無いからです。それを克服し、現在の作品となりました。「眼」もキラキラとする様に制作しました。作品の前でじっくりと目線を合わせて鑑賞を楽しんでください。

牛のツノは、神話や伝説の世界でも頻繁に登場します。古代ギリシャや古代ローマの神話では、神々が牛のツノを身につける姿が描かれ、その力強さと神々しさが語られています。さらに、ヒンドゥー教の文化では、牛のツノは聖なる象徴として崇められ、神聖な存在として扱われています。牛のツノは、その美しさと神々しさによって人々の心を打ち、深い敬意を抱かせます。その存在は、まさに永遠のものとして、人々の信仰と共に受け継がれていくのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 ※ が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA